CERAMIC陶器

CERAMIC / 陶器

陶土を原料として成型を行い、釉薬(ゆうやく)でおおい、焼成したものが陶器と呼ばれます。


釉薬をかけて焼く事で表面がガラス化し、釉薬がかかった部分は光沢を持ち、滑らかな手触りに、かかっていない素焼きの部分はザラザラした土本来の手触りになります。IOKの陶芸技術は、釉薬の有無や技法によって見た目や、触り心地の違いが楽しめるのも味わいのひとつです。釉薬には銅、鉄、マンガンなどの酸化金属をはじめ多くの種類があり、調合方法も千差万別です。焼き方も京焼・清水焼、楽焼等多様な技法があります。「陶器」は食器やアートタイル、装飾品と様々な用途で、独特の世界観を演出できます。

Behind the Scenes