LACQUER

LACQUER / 漆

乾いて固くなることで透明感を増し、時が経つにつれ光沢が深まっていく漆(うるし)。


漆は縄文の時代より、あらゆる装飾品に使われて来た、長い歴史と伝統のある素材です。時間がたつにつれ光沢増す事で、高級な風合いが高まり、化学塗料では表現できない、深みのある演出が可能です。一般的に思われているより、非常に強固で頑丈なことと防腐、防水、抗菌等の性質を生かして高級家具等にも使われてきました。京漆は、雅やかな公家文化の調度品類や、由緒ある寺社仏閣器建築等もに多用されています。IOKが提案する漆芸技術は、伝統技法と現代デザインをバランス良く組み合わせ、伝統美から現代アートまで、幅広く対応可能です。美しさと実用性を兼ね合わせた「漆」は、オリジナリティのある空間演出に最適です。

Behind the Scenes